HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
iPhoto、Numbers
 iOS 5.1 と共に iPhoto が登場。
 iMac、MacBook Air では使い慣れているアプリなので、少々お高い感じはするが購入。
IPHOTO1203081.jpg

 使い方はまだ試行錯誤中。時間がない…。
IPHOTO1203082.jpg

 iPad上で iWorks も動くようになった。
IWORKS1203082.jpg

 色々な集計をする(ジテンシャやスキーなどで、仕事以外 (^^;))のに表計算は必須。今までは Document to Go を使っていたのだが、アップル純正ということで、高価なアプリだが購入。
IWORKS1203081.jpg
iPad 2 にGPSデジカメ取込み
 CASIO EX-H20GBK の撮影画像を iPad 2 に直接取込み→写真で撮影地に切り替えると、自動的に地図状に配置される。オーパスの部分を拡大してみると、リフトからの撮影がきれいに一直線上に並び、ゲレンデのものはそれぞれの位置になる。複数枚数のものはまとまって表示された。
120222ROGU5.jpg

 iMacのiPhotoでも同じような表示ができるのだが、地図の拡大に制限があり、ここまで詳細な表示ができない。
IPHOTOMAPMAX.jpg

 ログ画面と比べてみても、精度は高い。
120222ROGU1.jpg

 強力なサイクリング記録デジカメになりそうだ。
ポケットSVP ユニバーサル化
 ポケットサーバープレーヤーが2月7日にバージョンアップされ、ユニバーサル化されて iPad に対応になった。
 立ち上げると、大きな画面表示で期待。
   POCKETSVP1202051.jpg

 前のiPhone対応の拡大再生。等倍のマークが邪魔。
POCKETSVP1202052.jpg

 ユニバーサルになって、等倍マークが消え、左右の空きがなくなり少し大きな画面になった。元のDIGA高精細画像(VGA相当)640×360なので、画像の改善は感じられない
 スキップをタッチで30秒スキップする隠れ機能がある。
POCKETSVP1202053.jpg
ATOK Pad for iOS
 iPhone用アプリで、iPadでは拡大表示で対応していた。
 2月3日に ATOK Pad for iPhone がバージョンアップされ、ATOK Pad for iOS になった。

 今回の無料バージョンアップで、iPad専用アプリになってとても使いやすくなった。
 老眼なので文字の大きさを自由に設定できることもありがたい。
ATOKPADIPAD1202041.jpg

 テンキーモードは小さくて使いにくいが数字入力には重宝かもしれない。
ATOKPADIPAD1202042.jpg

 手に持って両手で入力するための分割モードは、キーが小さすぎると思った。
ATOKPADIPAD1202043.jpg

 こまめのバージョンアップで、単語登録の数が増えたり、どんどんと使いやすくなっていることは評価したい。最も、実際には MacBook や iMac で入力することがほとんどだが… (^^;)。
ゼビウス
 無料のアプリ、NAMCO ARCADE
 ゼビウスが大好きで、ゲーセン、PC-6001、PC-98、ファミコンなど、出る度に買っては遊んだゲーム。
NAMUCO120126.jpg

 ジョイスティックでないと操作性が悪くて楽しめない orz。
Life on Earth
 iPad の iBooks が新しくなり、iBooks Author が無料で提供されて、簡単にインタラクティブな教科書を作れるようになった。
 と言われても、どうもピンとこなかった。

 しかし、無料で提供された"Life on Earth"に触れて納得!
LIFEONEARTH1201201.jpg

 電子書籍にはあまり興味がなかったのだが、こんな楽しい"教科書"が提供されるなら話は別。
 しかも、それなりの物なら、自分でも作ることができるというのだから…。
 元々アップルは教育関係には力を入れていたが、こんな素晴らしい環境を整えてくれるとは…。教科書を再発明(Reinventing Textbooks)、改めて故スティーブ・ジョブズの心意気を感じてしまった。
LIFEONEARTH1201202.jpg


 とても上手く説明はできないので、興味のある方は以下を参考に。
 [iPad] iBooks 2: デジタル教科書「iBooksテキストブック」を読もう!
iPad2 の使用目的?
  iPhone 4 と MacBook Air 13inch があるので、iPadは必要ないと言っていたのに、iPad2を買ってしまった。いったい何に使うの?と自問しながら… (^^;)。
 レーシック手術後の老眼で iPhone 4 の小さい画面で見るのが辛い。しかし、WiFi環境の自宅やカイシャでは、iMacやMacBook Airを使えば済む話。

 iPhone用にアナログ時代にTV録画して、mp4変換して、iTuneで管理しているビデオ。今までは眼鏡を外して目の前で見ることができたのが、老眼鏡をかけないと見ることができない。同じデータをiPad2で再生すると、少し離して見るにはちょうどいい。
 Vulkanoで録画番組を見るときに、MacBook Airでは十分大きさだが、 iPhone 4 では小さい。iPad2だとちょうどいい。iPad2の1024×768の画面に、high画質で720x480の画像だが、十分。
VOLKANOFLOW1201051.jpg

 DIGAで録画して、高画質(640×360)でSDカードに持ち出したTV番組や映画、 iPhone 4 で見るには辛い。同じくiPad2だとちょうどいい。ただし、パーソナル・ポケット・サーバーはiPhone対応だが、ユニバーサルではなく、小さな画面での表示。
POCKETSERVERPLAYER1201101.jpg

 しかし×2の拡大表示で対応できる。
POCKETSERVERPLAYER1201102.jpg

 iPad2の1024×768には不十分な画質だが、十分に鑑賞に耐えられる。
POCKETSERVERPLAYER1201103.jpg

 動きの速い映画だとちょっとキツいがなんとか…。
POCKETSERVERPLAYER1201104.jpg

 以上、動画を見るため、というのが一つの理由

 そして動画を見る時というのは、ガリレオでトレナーに乗っている時。フロントバッグの上に、iPad2を置いて再生している。本当なら「リビングの大画面TVの前でトレーニング」ができればいいのだが、かみさんの許可が下りるはずもない… (^^;)。

 デジカメ画像の取込みをして表示させてみると、 iPhotoに負けないような表示の早さにビックリ。CPUは、iPhone 4 は A4、iPad2は DualCore A5 チップというのが性能に表れているのだろうか。
 ただし、SDカードからの読み込みはできるが、書き出しはできない(?!!)ということで、ストレージとして使おうという思惑は外れてしまった
iPad2保護アクセサリー
 iPad2白64GB(WiFi)の裏面保護のために…。
 薄い透明ケース+保護フィルム。画像がきれいに見えるために光沢タイプだが、案の定、貼り付けるときに気泡がいっぱい (^^;)。購入後直ぐに張るためと割り切って使用。
IPAD21201044.jpg

 光沢保護フィルム2枚組、安いが使い捨て感覚で…。
IPAD21201045.jpg

 スマートカバーがあるから要らないとも思ったが、移動などの時の保険ということで、革製のケースも購入。Amazonの評価で安いが評価の高い【39sオリジナル商品】を選んだ。
IPAD21201046.jpg
アップル初売り
 1月2日限定アップル初売り割引に釣られてしまった (^^;)。
IPAD21201041.jpg

 本体だけという訳にもいかず…
[アップル初売り]の続きを読む