HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
パセリで昼食
 キャッスルホテルで2月15日まで45周年記念イベント「懐かしの広小路写真展」が開かれているとのこと。
 見に行く前にパセリで昼食。
 かみさんは和風ハンバーグ。
PASERI201502111.jpg

 harropageはふわとろオムライス。
PASERI201502112.jpg
 10ヶ月ぶりの盛。30分前に到着、15分前から並んで待つ。
 酢豚、量が多くて食べきれるかと心配したがペロリ。
SAKARI201501312.jpg

 初めての鶏炒め、大振りのタケノコと四角く切ってある甘みがありシャリシャリとした食感の食材が分からない。
SAKARI201501311.jpg

 やっぱり美味い。中華が食べたくなったら並んでもここかな〜。
紅虎餃子房
げんこつ肉の真っ黒酢豚
BENITORAKUROZUSUBUTA20150118.jpg
 御所野イオンモール内「紅虎餃子房」にて
[紅虎餃子房]の続きを読む
日本酒
 暮れに利用した鮨BAR、日本酒の品揃えが豊富。
 その中で、他と全く違うと紹介してもらったのが、まんさくの花 生酛純米吟醸 Aquamarine ー18。
 クエン酸が多くてワインのようだとのこと。
   MANSAKUNOHAAAQUAMARINE.jpg

 一口飲んで笑っちゃった…甘口のワイン、日本酒じゃない、でも美味しい。
 こんな日本酒、作れるんだ…、日本酒の可能性って広いんだな〜。
 デザートワインのようで、食中酒としては?だけど…。

 えっ、限定60本、超レアもの……、惜しげもなく飲ませてくれる店主に感謝!
 帰宅してからWEBで検索するも見つからず…。
11月9日の昼食
 モバ麺クラブからギョウザ無料クーポンが届いていたので、幸楽苑の中華そば 313円+ギョウザ 216円無料
kourakuen20141109.jpg
お店でうな重
 土曜丑の日が近づいてきた。
 鰻にはあまり縁がないのだが、6月末に北欧の杜まで出かけ、昼食を食べるのに良い場所がないかと調べてたまたま訪れた「割烹みよし」。
miyoshi201406283.jpg

 入口には鹿児島産の鰻が泳いでいた。
miyoshi201406281.jpg

 かみさんが注文した「うな重(上)」2800円
miyoshi201406282.jpg

 最近スーパーに並ぶ国産の鰻の蒲焼きを見ると結構な値がついている。
 専門店のあっさりふっくらとしたうな重、肝吸い付と考えると、とてもリーズナブルな値段だったと今になって分かってきた。
5月29日の夕食
 ドジャース食堂駅東店、豪華に夜限定「ステーキ定食」
 濃いめの味付けとシャキシャキもやしでご飯がすすむ
moblog_6f977923.jpg
                             780円
サブウェイクラブ
 Gunosyからのお知らせがあった。
 2014年3月27日と28日は年に1度の「サブウェイの日」、510円のメニュー「ローストビーフ」と「サブウェイクラブ」が290円。肉のコクのあるウマミと野菜のコンボが特徴の「ローストビーフ」。サブウェイの人気トッピング、ターキー、ローストビーフ、ポークハムが使われた欲張りサンドの「サブウェイクラブ」。

 ちょうど昼に街に出る予定があり、キャッスルホテルに開店したサブウェイに立ち寄った。
 一人一人注文を受けてから手作りするために、結構時間がかかる。
 パンの種類、トッピング、野菜増減、トレッシングを選べるようだが、「迷ったら!おまかせで」。
SUBWAYCLUB20140327.jpg
樫食堂
 知り合いに勧められ、大仙市太田にある樫食堂へ。
 こんな林の傍らにあった。
KASISYOKUDOU2013113001.jpg

 自分たちで手造りしたお店。うっすら雪で覆われた日だったので、煙突の煙にこころ暖まる。
KASISYOKUDOU2013113002.jpg

 看板の文字が凛とした雰囲気。
KASISYOKUDOU2013113003.jpg

 中に入ると薪ストーブ一台だけなのに、とても暖かい。下は土間!
 木枠の窓はガラス一枚、結露している。この北側の窓の外には田んぼが拡がり、天気がいいと山並みが見えるそうだ。
KASISYOKUDOU2013113004.jpg

 寒い中を訪れて出される温かいお茶がうれしい。
KASISYOKUDOU2013113005.jpg

 定食を注文すると、白菜煮、葱春巻、ケーキが出てくる。葱が甘い。
KASISYOKUDOU2013113006.jpg

 餃子定食。水餃子だが皮は薄め。
KASISYOKUDOU2013113007.jpg

 チャパティ付インドカレー。とてもスパイシー、トマトと葱のカレーらしいが、かなり酸味が強い。チャパティはしっとりしていて美味い。
KASISYOKUDOU2013113008.jpg

 玄関。
KASISYOKUDOU2013113009.jpg

 ポストカード。
 定休日が水木日と祝日、時間は12時〜16時。テーブル3組。
kasisyokudouPostCard.jpg

 四季折々、窓からの風景が楽しめるであろう。
 中に入ると時間の流れが遅くなる貴重な空間。

 商売っ気が全く感じられない。
 農業主体なのか?ご夫婦をみてもピンとこないけれど…。

 場所は分かりにくく案内もない。
 Google Map には細い道が載っていなかったが、
KASISYOKUDOU20131130map1.jpg

 この地点の Street View で辛うじて見えた。
KASISYOKUDOU20131130map2.jpg
ガッツリ昼食
 二日続けての中華料理になる、かみさんと開店に合わせて甜甜酒楼へ。
 だいぶ前に千秋城下町に甜甜という水餃子の美味しかった店に一度行ったことがあった。甜甜酒家はそれが復活したという情報があったので行ってみることにした。もう開店してから6年になるとのこと。

 珈琲付きちょっと贅沢な週替わりランチの「野菜入り酢豚」「肉炒大拉皮 ロチャダラピ(豚肉と中国板春雨の醤油炒め)」、単品でトマト水餃子を注文.

 10分ほどで料理が並んだ。
 ワンタン入りスープ、レタスの色がきれいで、あっさりしているがうま味がある.ザーサイは浅めの漬け方。
TENTEN201311241.jpg

 小振りの豚肉をカラッと揚げた酢豚、見た目以上のボリューム。
TENTEN201311242.jpg

 太い平春雨は初めてだが、モチモチとした食感が楽しい.
TENTEN201311243.jpg

 トマト水餃子、中の汁のうま味が広がる.
TENTEN201311244.jpg

 全体に上品な味。メニューの冷菜がみんな美味そう。又の機会に…。