HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
国花苑
 久しぶりに晴れた土曜日、目的地は井川町国花苑。
 最近になり耳にした彫刻の話を確かめに向かった。

 速水史朗作「なまはげ」。前に取り上げたときにはプレートがなく名前が分からず、そのまま放置してしまった (^^;)。
KOKKAEN2015091201.jpg

 「なまはげ」の先には同じ速水史朗作で第8回大賞作品「かたの八郎」があると聞いた。
KOKKAEN2015091202.jpg

 望遠側で寄ると確かにまっすぐ先になっている。
KOKKAEN2015091203.jpg

 そして「かたの八郎」の土台は城の石垣と同じ石組みになっている…確かに…。対岸からでないと分からない。HPにも記載がない。
KOKKAEN20150912040.jpg

 「かたの八郎」から覗いた夕陽を思い出すな〜。

 明田一久作「森の合唱隊」。
KOKKAEN2015091205.jpg

 石の研摩の仕方が4種類あるとのこと。
 くちばしが一番反射していて、顔や羽根の黒い部分、体の白い部分、頭のてっぺんや足の部分になるのだろうか。
 くちばし部分は指で触っても指紋が残らないと聞いたが、トショリの乾いた指で触っても分からなかった (^^;)。
 帰り道に鼻の頭をこすってから確かめれば良かった、と思いつく。次回の課題として忘れないようにしよう…。
KOKKAEN2015091206.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/9992-ede4cc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック