HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
佳肴 あさひ山
 2日間「大地の芸術祭」を楽しんで、9月5日は新潟市に宿泊。
 移動中の車から夕食の場所を探し、4日の長岡では予約のとれなかった「越後の蔵 和心づくし あさひ山」と同じ朝日山直営「佳肴 あさひ山」のカウンターの予約がとれた。

 まずは生ビール。お通しは烏賊といくら、胡麻豆腐、盛りつけもきれいで旨い。
 次いで、せっかくの朝日山直営店なので、久保田の3種飲み比べ「千寿(吟醸)・萬寿(純米大吟醸)・碧寿(純米大吟醸山廃仕込み)」。
 茄子漬けがまるまるとして皮が薄く柔らかい水茄子、手で裂いて辛子をつけて口に放り込むと旨い!
 のっぺは、牛蒡の香りとほどよい塩けに里芋、人参、蒟蒻、銀杏、鶏肉…そうそうこの味がのっぺだ!懐かしくも旨い!
 写真はとらないつもりだったが、思わず iPhone を出してしまった。
ASAHIYAMA201506051.jpg

 次ぎに生酒の翠寿(大吟醸生酒)をグラスでいただく…萬寿よりも好みだな〜。
 刺身三種盛り、甘エビ、ハマチ、中トロにインド鮪だったかな〜。甘エビが旨い!こんなに旨かったっけか〜、思わず頭まで吸ってしまった。
ASAHIYAMA201506052.jpg

 最後に紅寿(純米吟醸)をグラスでいただく…板さんのサービスで翠寿の2倍量をなみなみと注いでくれた!フルーティな感じで翠寿に劣らず旨い!
 大きいな〜と声を出してしまった鯛の蒸し煮、しゃぶりながらポン酢でいただくが、あっさりして旨い!
ASAHIYAMA201506053.jpg

 画像はないが村上の名物「鮭の酒びたし」、酒を振りかけていただく。
 「丸干しいか炙り焼き」も塩味が強くなく旨い!これと茄子漬けがあれば、なぼでも飲めそう…。
 板さんが飲み比べてくださいと、「洗心(純米大吟醸)」をおちょこ一杯サービスしてくれ、また旨い!(後で価格をみてビックリ!)

 新潟には40年ほど前から8年間暮らしたが、ゆっくりと料理や酒を味わえることはなかった。
 30年前にはかみさんと一緒に半年を暮らしたこともあった。
 今回は14年ぶりの新潟。贅沢をして(ただしとてもリーズナブルなお値段だった)、かみさんと一緒に美味しい料理にお酒を飲めて満足満足…大満足…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/9983-4cb8e3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック