HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
ブリッジモード ????
 無線LANルーターを NEC PA-WG1800HP2 に更新して、接続スピードも2倍になり快適になった。
 しかし、2台のブルーレィディスク・レコーダーに iPhone 6 plus と YOGA Tablet 2-830l からアクセスして TV SideView で番組を視聴したり転送したりする際に不都合が起きるようになった。 iPhone 6 plus では、1台目のレコーダーから転送できるのに2台目からはできない。一方で YOGA Tablet 2-830l では2台目のレコーダーから転送できるのに1台目からはできない。
 自宅内で視聴しようとすると、同じネットワークに接続してくださいと警告がでる。複数のネットワークがあることになっているようだ。

 今までは AirMac Express Base Stationでは問題なく2台のレコーダーから転送ができていた。
 ネットワークにはからきし弱い harropage なので原因が分からないが、何か設定が違っているだけで機械がおかしいということではないだろう。
 そうすると設定を調べて違いを見つけるしかない。

 AirMac ユーティリティでいろいろ見ていくと、ルーターモードがブリッジモードになっていた。そもそも AirMac にルーターモードの切り替えがあったり、ブリッジモードに設定したという記憶すらない。 
AirMacUtilityBridgeMode.jpg

 NEC PA-WG1800HP2 はルーターモードとブリッジモードを切り替えることができると取説にある。
 ブリッジモードってなんだろうと調べると、以下の設明が分かりやすかった。

どう使えばいいのかよくわからん!無線LANルータの「ブリッジモード」
「ブリッジモード」とは、アクセスポイントモード、ハブモード、無線ハブモード、APモード、BRモード、ルータOFFモードなど、様々な呼び名があるが、ブロードバンドルータの無線LAN機能(Wi-Fi機能)以外のルータ機能をOFFにして、無線電波を飛ばすだけの機器(HUB)として利用することを指す。ルータにはインターネット接続機能、DHCP機能、NAT/NAPTなど様々な機能が搭載されているが、こういった各種機能を無効化して、無線電波を発するただの箱として動作させることを言う。

なぜこのようなことをするかというと、「既にルータがあるから」が理由となる。



 NEC PA-WG1800HP2 の電源を切って、スイッチをルーターモードからブリッジモードに切り替えて電源を入れる
 電源の切り方が分からないが電源スイッチはないので、電源プラグを抜いて対処。
 お〜っ! iPhone 6 plus と YOGA Tablet 2-830l から2台のレコーダーに問題なく接続、転送などができるようになり解決した。
 モデムの中にルーターが入っているのかな〜。
 何だか根本的なところの理解ができていないような気がするが、まあいいや〜。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/9868-80dc4110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック