HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
バレンシア火祭り、オフレンダ
 4月22日放送の世界で一番美しい瞬間「炎の祭典 新しい春迎えるとき バレンシア」(再放送:4月27日、4月29日)。火祭りと共に、オフレンダ:聖母マリアへの献花パレードが紹介されていた。

 2012年3月のスペイン旅行では3月19日のバレンシア火祭りの最終日が観光日程に入っていた。

 スペイン到着した翌日、朝8:15からバルセロナ観光、15:30から約5時間かけてバレンシアまで393kmをバスで移動。20:30にホテルに着き夕食。疲れてもう休みたかったのに、22:35にバレンシア市内までバスで移動と聞いて、こんな時間から観光するのかと気乗りしなかった覚えがある。

 バスで移動して、降りて市街地を歩く。
Valencia2012031901.jpg

Valencia2012031904.jpg

 リンゴ飴は名物なのか?
Valencia2012031910.jpg

 鳴り響く爆竹、火を付ける前の大きな像を見てあっけにとられる。
Valencia2012031902.jpg

Valencia2012031903.jpg

 これを本当に燃やすの?
Valencia2012031905.jpg

 アニメのようなキャラクターが多いが、ちょっとグロテスク。
Valencia2012031906.jpg

Valencia2012031908.jpg

Valencia2012031907.jpg

 動画で爆竹の音。


 物語りを感じる人形。女の子がキュート。
Valencia2012031909.jpg

 上のライオンの下にもこんなマリオネットのような人形があった。凝っているな〜。
Valencia2012031921.jpg

 番組では、消防署職員が張り付いて消火に当たっていることが紹介されていた。画像を見直してみると確かにもう待機していた。
Valencia2012031922.jpg

 そして火が放たれるとその燃えさかる凄さに圧倒される。
 さらには続けざまに上がる花火。
 燃える像が崩れる時には、離れていても後ずさりしてしまうほどの迫力。
 放水が追いつかないのではないかと思うほどだった。


 動画で燃え上がる像と花火の轟音、喜ぶ観客。


 喧噪の中で民族衣装の女性達とすれ違う、派手な火祭りの衣装としては違和感があった。
 ぶれぶれの一枚(躍動感 (^^;))だけ撮っていた。
Valencia2012031911.jpg

 番組をみて、聖母マリアへの献花パレード「オフレンダ」であったことが分かった。
 カテドラル前のビルヘン広場の「バレンシアの街を見守る守護聖母」、見たかったな〜。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/9788-1845c523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック