HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
トレド大聖堂 聖具室
 録画してあったNHKの日曜美術館エル・グレコを見ていたら、スペインのトレドで見たと記憶している絵が出てきた。一年以上前の画像を探してみることにした。

 トレド大聖堂では、トランスパレンテが印象に残っているが、聖具室も捨てがたい。
 中に入ると、四方の壁には沢山の絵画が並ぶ美術館そのもの。
tredoseigusitu01.jpg

 エル・グレコを始めラファエロ・カラバッジョ・ティツアーノ・ゴヤなどがあるとガイドブックにはあるのだが、時間もなくてよく分からなかった。見直してみると、右端にあるのはカラバッジョのようだ。
tredoseigusitu02.jpg

 カラヴァッジョ作とされる「洗礼者ヨハネ」。
tredoseigusitu03.jpg

 振り返って入り口方向を見ると、この面も沢山の絵で覆われている。
tredoseigusitu04.jpg

 そして正面に別格で鎮座している、エル・グレコの「聖衣剥奪」(1579)。
tredoseigusitu05.jpg

 これが、今回のエル・グレコ展で展示されていたものと思っていた。実は、後年(1605年頃)になってエル・グレコ自身が倣って制作した一点で、サント・トメ教区聖堂にある作品(下に画像)。
 エル・グレコと工房 7枚の聖衣剥奪 の解説を見ると、17以上のバージョンがあるとのことで、その違いなどが詳しく紹介されていた。
tredoseigusitu06.jpg

     SEIIHAKUDATUSANTOTOME.jpg

 エル・グレコの作では、「聖ルカ」が印象に残った。
tredoseigusitu11.jpg

 ゴヤの作品もあるはずと探して、あった「裏切られたキリスト」。
tredoseigusitu12.jpg

 聖具室の天井がまた素晴らしかった。
tredoseigusitu07.jpg

 イタリアの画家ルッカ・ジョルダーノ(17世紀)のフレスコ画とのこと。
tredoseigusitu08.jpg

 色彩も鮮やかに残っている。周辺と中心の構成が効果的。
tredoseigusitu09.jpg

 聖母が天上に上がっていく…。
tredoseigusitu10.jpg


 トレドにはエル・グレコの最高傑作といわれる「オルガス伯爵の埋葬」がサント・トメ教会にあり、ツアーで連れられていった。なんでも世界三大絵画として、レンブラント「夜警」、ベラスケスの「ラス・メニーナス」と並ぶ作品とのこと。プラド美術館で「ラス・メニーナス」も見たので、一回の旅行で二枚制覇!
 個人的にはプラド美術館のゴヤの「黒い絵」が一番見たい作品群、一番の収穫だった。
ORUGASUMAISOU1.jpg

 鎧の胸の部分には聖ステファノが写り込んでいて、実に写実的だという解説があった。エル・グレコは写実ではないとことが革新的だろうと思いつつ…。
ORUGASUMAISOU2.jpg

 画像を見直す度に、また行きたいと思うスペイン。ハードな日程と歩く距離を考えると座骨神経痛持ちにはもう無理かな〜。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
豪華絢爛!!
余りにゴージャスなお写真に溜め息です。
こんな空間に投げ込まれたら、果たして呼吸ができるかしら???
本物に会うには審美眼も大事ですが、その前に脚を鍛えなきゃいけない訳ですね(^^;
2013/04/20(土) 16:39:09 | URL | jimukata #xNtCea2Y[ 編集]
消化不良
 jimukataさん、予備知識なしにこの部屋に放り込まれた時には、添乗員からの説明もなく、何が何だか分からない状態でした。というか、ツアーで効率の良く回る場合には短い説明で次に行くので、美術品をゆっくり鑑賞できるような時間はありませんでした。お目当ての作品があれば、お土産購入など集合までの時間を利用して別れて走る…ゴヤの黒い絵は何とか15分ほど鑑賞できました…くらいの方法があるでしょうか。
 体力勝負という点では、朝7時に朝食、8時に集合、夕食は21時から22時頃、日によっては夕食後のツアーが23時半、一番遅い日で24時半まで。歩く時間も旅行会社の★印をみると最長で3時間半となっていました。特にカートを押して空港内の長い距離の移動は大変でした。「定年後にゆっくりと海外旅行」は体力的にキツイと実感しました。
 何度も行けるのなら、「そこに住むように何泊かしてゆっくりと」が可能でしょうが、言葉や時間、お金が許してくれません。それでもバルセロナとフィレンツェはもう一度いってみたいな〜。
2013/04/21(日) 09:54:53 | URL | harropage #9bqbzmTY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/8681-5c136e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック