HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
コルドバ オレンジの中庭
 コルドバ観光はグワダルキビール川の長い橋を渡って、メスキータへ。
 メスキータとはスペイン語で「モスク」の意味。しかし、一般的には固有名詞としてスペインアンダルシア州コルドバにあるカトリック教会の司教座聖堂「コルドバの聖マリア大聖堂(Catedral de Santa María de Córdoba)」を指す。
CORDOBA1203221.jpg

 イスラム調の外壁は高さ10m。
CORDOBA1203222.jpg

 門を入って、オレンジの中庭(パティオ)へ。
 訪れた3月下旬、いつもよりも遅くオレンジの白い花が咲き始めて、所によってはオレンジの香りがした。この香りにつつまれた1ヶ月間が一年で一番いい時期だという。ちなみに樹になっているオレンジは苦くてママレードにする位しか使い道がないという。確かにネコマタギならぬトリマタギなので生食には向いていないのが分かる。
CORDOBA1203223.jpg

 イスラム建築の回廊からひときわ高い鐘塔(アルミナールの塔)が見える。
CORDOBA1203224.jpg

 庭を歩いて接近。
CORDOBA1203225.jpg

 塔の最上部を望遠で、誰なのかな〜 (^^;)。
  コルドバの守護天使聖ラファエル、だそうです。
CORDOBA1203226.jpg

 かつてイスラム教徒が身を浄めたオレンジの中庭の池。
CORDOBA1203227.jpg

 池のほとりにオリーブの古木。
CORDOBA1203228.jpg

 スペインでもここは観光地のようで人が一杯、修学旅行かな?
CORDOBA1203229.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/8207-27060706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック