HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
増田 蔵の日 2010
内蔵の魅力楽しんで、横手市増田町 3日、過去最多20棟公開
  さきがけonTheWeb
 江戸末期から昭和初期に建てられた歴史的建造物が多く残る横手市増田町の中七日町通り周辺で3日、内蔵や家屋を一斉公開するイベント「蔵の日」が行われる。今年は昨年より2棟増え、過去最多の20棟を公開する。
 蔵所有者や住民有志でつくる実行委員会の主催。歴史的町並みのPRなどを目的に2006年から毎年行っており5回目。
 公開するのは、国登録有形文化財11棟、市指定文化財4棟を含む文庫蔵、座敷蔵、主屋など。同町の歴史的建造物は、間口が狭く奥行きのある形が特徴。主屋と内蔵は鞘(さや)と呼ばれる囲いで覆われ、外からは蔵の存在が分からない。内蔵は今も生活の場として使われている場合が多く、公開する内蔵18棟のうち、7棟は中に立ち入りできるが、11棟は扉の前からの見学となる。
 当日は福嶋サイサイ囃子(ばやし)の練り歩き(中七日町通り)、中高生らが吹奏楽演奏を披露する蔵ライブ(旧勇駒酒造)、押絵雛(おしえびな)展(佐々虎家、旧石田理吉家)など多彩な催しがある。会場の一角では、市内外の農産物や魚介類、加工品などを集めた「増田地域じまん市」も開かれる。
 午前9時~午後4時。共通見学料は一般500円、中学生以下無料。問い合わせは実行委(増田町観光協会内)TEL0182・45・5311
(2010/10/02 13:39 更新)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/6275-71e0d1c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック