HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
三度目の YOSHITOMO NARA+graf AtoZ
 初日Midnight AtoZ 、そして10月7日に三度目の YOSHITOMO NARA+graf AtoZ に電車で向かった。当日は発達した低気圧で雨風とも強い天気予で、東北本線が停止したり、青森~弘前間でも遅れが出て、帰りは1時間遅れとなった。悪天候のためか、3連休にしては混雑していなかった

 前の二回は車での移動、初めて弘前駅に降りると、大きなAtoZの垂れ幕がある。駅前にでるとAtoZの街中の垂れ幕が前の緑から紅葉して変っていた…ここまで盛り上げてくれているのか。
 風が強くタクシーで会場に10時5分前に到着。強風のためなのだろう、home の上のテントも煉瓦倉庫前の大きな垂れ幕も張られていない
ATOZ0610071.jpg

 クロークの窓に張られたポスターは、10月分になっている。後2週間ほどで終わってしまうことを再認識。
ATOZ0610072.jpg

 寒い中を待ち、10時過ぎにやっと会場に入る。混まない内に好きな小屋を重点的に回るつもりだったが、いざ回り始めると新しい発見もあり見入ってしまう。一方、11:30に待ち合わせることにして別れたかみさんは、すぐに二階に上がり、誰もいない黒い海を独り占めにして、静寂の中、天井からの雨漏りの音を聞いていたと。お気に入りの「奈良小屋」「N:Blue gallery」「星の部屋」「八角堂」「アーチハウス」も貸し切り状態で見る事ができた。あっと言う間に時間が過ぎ、11時前に急いで二階に上がると、ほとんど人がいない状態。「Crated Room」をゆっくり覗き、「Shallow Puddles」は貸し切り状態で、近づいたり遠ざかったり斜めからみたり入り口のアーチ越しに眺めたり堪能。そして、「Puff Marshie」は「Shallow Puddles」の窓、桟橋の色々な位置、そして天井が間近になって俯瞰できる「golden boat」の舳先部分、に立って眺め、目をつぶって聞き入り、また眺めを繰り返すことができた。
 待ち合わせの時間に合わせて home に入る。奈良さんの「memories of」が流れるモニターの正面に、既にかみさんが座っていて、軽い食事をする。スモークサーモン・オープンドック・豆サラダ付き、10月限定の「栗とほうじ茶のパフェ」。混み始めたショップで買い物。
ATOZ0610073.jpg

 昼過ぎからは、意外にも一段と空いてきた感じ。「三軒長屋」「V:House of Windows」なども一点一点をゆっくり眺めることができ、Doors も各々を何回か開ける。六角堂周囲のベンチに腰を下ろしてゆったりとし、「星の部屋」から人がで来てくると、独り占めで見て、人が入ってくると出てくるを繰り返したりする。「N:Blue gallery」の正面の新作「White Night」に近づいて気が付いた、虹彩の部分が放射状に凄く細かく描かれている。
 二階にもまた上がり、「golden boat」の中の壁にドローイングがあった事に初めて気が付いたり(^_^;)、「第一研究室」に8月6日付の豊嶋さんの手紙を見つけて喜ぶ。13時半前にかみさんと合流して、やはり「第一研究室」に「XXXS」があり、下の娘が「凄く欲しがっていた」と聞くが、「XXXS」があること自体に気付いていなかった(^_^;)
 ずっと居続けたいが電車の時間もある、荒れて天気と寒さで傘をさして歩けるような状態ではなく、14時に真直ぐに弘前駅に向かった。
 今回は、買い物は少なく、飲んでカップに使うための AtoZ Cup House 純米酒に、コップ、セロテープ、奈良美智作品が流れる CD-ROM「Art Star 奈良」、秋田ではお目にかかれない ISSUE 2冊のみ。home で使っていたマグカップが欲しかったが非売品のようだった。
ATOZ0610074.jpg

NARAISSUE1.jpg

 帰りの鈍行は線路上の障害物のため40分遅れ、大館の先で「置き石」のために停車さらに20分遅れ。車中はずっと「鏝絵放浪記」を読んで過ごした。
 悪天候に列車の乱れもあったが、それもあってゆっくりと楽しめたと考えると得した気分…。
 「The Apple in My Heart」 from ほぼ日 が始まり、内部映像も見られるようになって、最後の盛り上がりを見せるであろう AtoZ だが、もう行けないだろうな~
 最後になりましたが、ボランティアの皆さん、改めて感謝いたします m(__)m
ATOZBORANTSYATU.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/594-a3f9cbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック