HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
写真集「増田の蔵」
 写真集「増田の蔵」が11月17日の朝日新聞で紹介されていた。
 第2集は、まだ入手可能とのこと(写真掲載許可を頂いております)
KURANOHI0710204.jpg

 撮影者であるあまカメラマンKさんの姿も載っていた。
 ますますの活躍をお祈りしております。
MASUDANOKURAASAHI071117.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます
朝日新聞掲載のご紹介ありがとうございました。
今「増田の蔵」関係活動は、今後の方向性を検討中です。
乞う期待ください。

尚、普段も観光協会経由の「増田の町並み」観光客は少しずつ増えてきております。

今年は既に観光ガイドによる案内客は1000人突破したとのことです。昨年は800名でした。

普段も予約があれば2~3軒の蔵と、増田の史跡等をガイドの案内でご覧になれますので、是非お越しください。

予約先:増田町観光協会 45-5515
2007/11/21(水) 16:41:16 | URL | あまカメラマンK #-[ 編集]
こちらこそ、お願いいたします
 あまカメラマンKさん、実際に生活している場を提供することを考えると、あまり負担になるようなことを強いると長続きしなくなってしまう、文化財指定になると保護はされても生活に影響がでてしまう。
 年一回でもいいですから、末永く続けていただければと思います。といいつつ、2日間になったことは、とてもありがたかったです。

 個人的には、いつも公開されている漆蔵資料館で、あまカメラマンKさんの写真が数枚でも見られると、蔵の日に来てみたいと思うのではないかと…→蔵の日、あまり混雑しても困るのですが (^^;)。案内していただくのが、ゆっくりと見られるかもしれませんね、話も聞けることでしょうし…。

 実は、蔵の日に八木に住んでいる従兄が交通整理に出ていました。「そんなに価値があるもんだか」と話したのが印象的でした。身近にあると意識していないのかもしれませんが、二度と作れないだろう材料と技術、蔵の寿命もギリギリ、何とか残しておきたい財産だと思います。

 保存や修理には、行政で金銭的な支援をという気運が高まることは期待したいと思います。
2007/11/22(木) 10:54:10 | URL | harropage #9bqbzmTY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/1604-da2ee08d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック