HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
6月24日の横手までのサイクリング
 今季初の100km超えを目指して横手まで。
 出発しようと思ったら、後輪の空気が抜けている。スローパンク?タイヤを外して内面を確認すると石のトゲのようなものが刺さっていた。20分ほど掛けてチューブ交換を終える。

 秋田大橋まで出て雄和に向かい、岩巻の清水でボトル給水。
 新波の生協で靴を脱いで短い休憩。
 秋田と大仙の標高差20m8%の登りを超えて刈和野MaxValueに到着してエネルギー補給。
 刈和野から先は工事も終わった河川管理道路を走る。
cycling2017062401.jpg

 大曲の玉川の手前から13号線沿いを少し走り、その後はまた河川管理道路を角間川まで。
cycling2017062402.jpg

 雄物川町を抜ける予定が、大雄を抜けるルートになってしまったが、予定の浅舞に到着。
 ゴール間近の浅舞公園、あやめ祭りが始まっていたが、咲いているアヤメは少なかった。
cycling2017062403.jpg

 浅舞公園内ではコスプレの集団が写真を撮っている。ゆっくり見る余裕もなく遅めの昼食を摂った。
cycling2017062404.jpg

 トショリなので、何に扮しているのか全く分からない orz。
cycling2017062405.jpg

 最後は醍醐まで出て、ゴール地点へ。
 今季は50km超えもなく、100kmは難しいかなと思ったが、終始追い風基調に助けられた。
 しかし、走り終えて休んでいると脚や足が攣ってきて大変 (^_^;)。
cycling2017062406.jpg

8:48〜13:51
 106.93km、4.15'05"、25.2km/h、平均Cad 84、平均HR 130、消費カロリー 1539kcal、高度上昇値 324m、気温22〜33℃(平均27℃)。
 100km以上走っても獲得標高が324mって、まあ平坦なルートを見つけたもんだなぁ。
Cyclemap20170624.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/10866-f3705ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック