HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
明けの明星
 4:58、まだ暗い東の空にひときわ明るい金星が見えた。
 iPhone 6 plus で撮影、よく見るとその下にも星が見える。
 ちょうどこの時期は金星・火星・土星がほぼ直線に並んで見えるとのこと。
 どうやら木星のようだ。
 その間に火星かもしれない明かりがあるような〜。
AKENOMYOUJYOU20151001.jpg

 星空情報メールによると

夜明け前の東の空では、金星・火星・木星の明るい3惑星が縦方向に並びます。
その脇を9日~10日にかけて細い月が通り過ぎていきます。

17日には夜明け前の東の空で、木星と火星が非常に近づいて見えます。
また26日には夜明け前の東の低空で、木星と金星が非常に近づいて見えます。
ラプトル50やラプトル60のような小口径の望遠鏡でも、低倍率で同じ視野の中に見えます。
・土星:そろそろ今年の観望の見頃は終わりとなります。
    上旬~中旬の夕方6時頃には南西~西南西の低空に見えていますが、下旬は太陽に近づいて見えなくなります。
    明るさは0.5等~0.6等です。
金星:明け方、東の空に「宵の明星」として見えます。
    明るさはマイナス4.5~マイナス4.4等です。

火星:夜明け前の東の低空に見えます。
    明るさは1.8等です
木星:夜明け前の東の低空に見えていて、徐々に高い位置に上っていきます。
    明るさはマイナス1.7等です
・水星:16日を挟んだ前後の数日、日の出前の東の低空で見つけやすくなります。
    明るさはマイナス0.1等~マイナス0.7等です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harropage.blog39.fc2.com/tb.php/10023-28b1341c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック