HarroPage
冬はスキー(棲息地:太平山オーパス)、乾燥路は自転車で体力維持する親父の記録 食べ物…いやしい系(^_^;) 意外にアート好き、最近は鏝絵(こてえ)と土蔵に野草や花に興味あり
So-net 0SIM
 500MB/月まで無料で使える So-net 0SIM を YOGA Tablet 2-830l に装着した。
 いつもはWifiで見る d-マガジンをLTEで見たら、あっという間に250MBを消費してしまった。
 月末まで気をつけないといけないな〜。
OsimSonet20160118.jpg
スポンサーサイト
YOGA Tablet 2 保護フィルム
 YOGA Tablet 2-830l の液晶保護フィルムを交換することにした。
 Digio TBF-YT28FLH [YOGA Tablet2 8用 液晶保護フィルム 高精細反射防止 気泡レス]を選び、ポイントを利用してヨドバシから購入(1480円)
DigioFilm201506051.jpg

 位置あわせがうまくいかず、2度ほど貼し直したが、埃も目立たず、気泡もなく貼ることができた。
DigioFilm201506052.jpg

 前面レンズ部分には3ヶ所の穴が空いている。
 レンズと調光用とあと一つは?
DigioFilm201506053.jpg
Microsoft Excel for Tablet
 YOGA Tablet 2-830l を手に入れて、すぐに Microsoft Excel for Tablet をインストールしようとしたら対応していなかった。インテルチップセットのためと分かり、対応を待っていた。
【システム要件は、Android 4.4 KitKat、1GB RAM 以上、ARM ベースのプロセッサ。インテルチップセット採用端末には今四半期中に対応予定です】

 たまたまアップデートを確認したら、5月5日に対応していた。
excelfortablet20150505.jpg
eBooks Japan
 YOGA Tablet 2-830L を買ったらおまけで「eBook図書券2160円」が付いてきた。

 電子書籍は、iBooks、BookLive!、kindle、などと増殖してしまい、eBookJapanは試用だけで使っていなかった。
 覗いてみるとマンガが主なようなので放置かな〜と思いながら、自転車で検索すると BiCYCLE CLUB やロードのメンテナンス本などが見つかった。そして、読み直ししたい本の候補だった「銀輪の覇者 上・下」を見つけた。
GINRINNOHASYA12.jpg

 540円×4の図書券を3枚利用し1620円で1200円の上下巻を購入。お釣りは消えてしまうというシステムが納得できないが、おまけだから文句は言わないことにしよう。
  iPhone 6 pluse に iPad2、アンドロイド2台のいずれでも読めるようになった。
 やはり YOGA Tablet 2 が片手で苦なく持てる重さ、老眼鏡なしでも読めるちょうど良い画面の大きさ。フォントに難があるけれど…。
ebookGINRIN.jpg

銀輪の覇者(上)
 軍靴の音が忍び寄る昭和9年。かすかな地響きをあげ、数多の自転車が中山道を疾走する。国策に反して高い賞金の懸けられた本州横断大日本サイクルレースには、企業チームやドイツからの海外チーム、個人参加の選手たちがひしめいていた。ある決意を胸に秘める響木健吾は、有望な個人選手を集めて即席チームを組む。素姓も目的も不明な彼らが力を合わせたとき予想外の事態が!すべての走る男たちに捧げる自転車冒険小説。

銀輪の覇者(下)
 一攫千金の夢や国の威信、様々な思惑を乗せて、男たちが超長距離を自転車でひた走る大日本サイクルレース。謎の男・響木の率いるチーム門脇は、強豪を相手に熱戦を展開していた。だが、他チームの妨害により響木が負傷。さらに殺人や復讐といった過去のしがらみが選手たちを追い詰める。一方レースを中止にせんと陸軍が暗躍し、苦戦を強いられた選手たちは次第に心を一つにしてゆく。最高の疾走感と感動を届ける冒険大作。

 図書館から借りた単行本の表紙の方が内容にあっていて好ましいと感じる。
   GINRINNOHASYA0.jpg
格安SIMの比較
 YOGA Tablet 2-830L を購入の際に、イートレンドのおとくなセット「★台数限定!オススメ!U-mobileプリペイドSIM&プライバシーフィルムプレゼント!」を選んだ。購入時29727円。
 延長保証3年も5%上乗せだが入った。
 IIJ格安SIMはSMS機能を外したnanoSIMの変えて使う予定だったが、購入価格が同じだったこともあり、U-mobileプリペイドSIMと比べてみたいと思った。

 U-mobileプリペイドSIMは、1日の上限が100MBで最大30日間使える格安SIM。
 IIJ格安SIMが届くまで、使ってみた。LTE対応なのだが、遅い。Colorfly E708 3G で使っていた3GのIIJ格安SIMと変わらない感じで遅い。これでもLTEなの?IIJ格安SIMもLTE対応といっても遅いのかもしれないと雲行きアヤシイ。
 3日ほど遅れてIIJ格安SIMが届いた。WIFIを切って SPEEDTEST で U-mobileの速度を計測し、SIMを入れ替えてiIIJの速度計測。
 IIJ格安SIMが圧倒的に速く U-mobile の5〜8倍。
 LTEを実感できる速さだった。
IIJvsUmobile.jpg

 接続条件によって差がでることもあろうが、現時点ではIIJ格安SIMのLTE速度には満足。
 IIJのミニマムスタートプランは当初1GB/月が加入時点で2GB/月になり、この4月からは3GB/月にデータ量が価格はそのままで増えた。人気が高くなり利用者が増えれば速度が落ちる可能性もあし、時間帯によっても変化するだろうから安心はできないが、

 古いSIMを送り返さなければならない。
 封書って切手はいくらだっけ…。
 そうだ、年賀状で切手が当たっていた…交換してきた。
 はがきは52円、封書は82円か〜。
 封筒は手作りして送り返した。
KITTE20150423.jpg
IIJ標準SIM変更
 YOGA Tablet 2-830L の購入に伴って、 Colorfly E708 3G で使っていたIIJの標準SIMから、microSIMに大きさを変更する必要があった。
 実は最初にnanoSIMを購入して、アダプターで標準SIMにして使うつもりだったが、Colorfly E708 3G はアダプターを使うと落ちるトラブルが報告されていて標準SIMを選んだ経緯がある。
 また、Colorfly E708 3G では「電池を激しく消耗するセルスタンバイ問題を避けるために」SMS機能があったほうがいい、というので付けていたSMS機能は外してデータ専用として使うことにした。

 IIJ標準SIM(SMS機能付き)をIIJnanoSIM(SMS機能なし)に切り換えることで、月額料金も少し安くなる(151.2円)、手数料は2160円。
IIJSIMchange201504151.jpg

 月額料金が安くなるので、2160円の手数料は13ヶ月使用で帳消しになる計算。
IIJSIMchange201504152.jpg
YOGA Tablet 2-830L に期待
 新しいMacBookを諦めて、8インチタブレット「YOGA Tablet 2-830L」SIMフリーを購入した。

 初のアンドロイドであった中華タブレット Colorfly E708 3G格安SIMを乗せて使って半年、アンドロイドにも少し慣れることができた。また格安SIMの有用性を実感できたのは収穫だった。
 しかし激安中華タブレットはタッチパネルの精度の悪さと、ビデオ持ち出しアプリTVsideViewが動かない(「root化されているので使用不可」で動かなかった)、3G対応/LTE非対応など不満があった。

 一方で2012年1月に購入した iPad2 が、dマガジンTVsideView、ファイルメーカーGOなどを使うと速度的に厳しくなってきた( iMac や MacBook Air が5年経ってOSも新しくなっても処理速度的に不満がないのとは対照的)
 仕事を主に使うのであれば、5月からのSIM解除義務化の後で iPad Air 2 の購入の選択肢もあるが、80000円ほどになる価格では手が出ない。

 MacやiPadのファイルメーカーさえ諦めれば、アプリはアンドロイドで対応できる。
 解像度や速度は現 iPad2 より高性能な機種を選択できる。
 LTE接続ができるようになれば格安SIMでも3Gより接続が速くなる可能性が高い。
 Colorfly E708 3G では「電池を激しく消耗するセルスタンバイ問題を避けるために」SMS機能を付けていたが、データ通信専用にできれば月額料金が抑えられる。

 中華タブレットを入手して2ヶ月ほど経った時点で、使えるアンドロイドタブレットを物色し始めた。
 大きさは10インチでは iPad2 と同じで大きすぎるので8インチ
 第一候補に挙がったのが YOGA Tablet 2-830L。対抗馬 SONY Xperia Z3 Tablet Compact も軽量・防水など魅力タップリだが iPad 並みに高い。Nexus7(2013)も良さそうだがmicroSIMが使えない(時々アウトレットで安いことがあり魅力はあった)
 価格も次第に下がってきて、4月に入り3万を切ったタイミングで購入に踏み切った。
 YOGATablet 2-830LKAKAKU


 iPad2 より画面は小さいが、解像度が高く、小さい文字がくっきりしていて老眼でも読めるのは意外だった。
 dマガジンのスクリーンショットが1920×1200(iPad2は1024×768)で撮れる。後で iMac で拡大して見ると小さな文字がきれいに表示されてとても読みやすい。
 左YOGA、右 iPad2。
scrennshotcompare.jpg

 大して期待していなかったステレオスピーカーだが、ドルビーにするとしっかりと立体感がでて楽しい。
 しばらく試行錯誤で楽しもうっと!
中華タブレットにマウス接続
 中華タブレット Colorfly E708 3G は、タッチパネルの精度が低く、特に周辺ではずれが大きい。
 USB OTG(On-the-Go)ケーブルを接続するとUSB接続が可能になり、マウスやキーボード、USBメモリーが使えるという。
USBOTGcable.jpg

 アマゾンで変換OTGバンジーケーブル (USBホスト機能対応タイプ)228円を買ってみた。
 使っていないUSBワイヤレスマウスを繋いだ。
OTGmouse20150415.jpg

 中華タブレットのmaicroUSB端子に接続すると、いとも簡単にマウスポインターが出現した。タッチパネルを介さないので、精度も高い。半年間のズレの苦労はいったい何だったのか…。
 まあマウスをいつも持ち歩く訳にはいかないからと、自分で慰めてみる…。
ColorflyE7083Gmouse.jpg

 音楽や動画、画像データの入ったUSBメモリから、アンドロイドの増設microSDカードへの転送もできる。いちいちmicroSDカードを外す手間がなくなり便利だった。
メモリ
 「上海問屋セレクト microSDHCカード 32GB(Class10)」を1,499円で販売中の情報を見て、久しぶりに上海問屋からメモリを発注。別途送料は必要なので、16GB USBメモリも併せて購入。
shanhaidonya20141110.jpg

 32GB microSDHCカードは、Colorfly E708 3G に差して使うつもりだった。
 届いてからWEBを見るのが主な用途、音楽は聞かないし、あまり綺麗でないディスプレーなのでフォトスタンド的にも使っていない…って、大容量メモリの使い途がない (^^;)。
 アダプターも付いているのでデジカメ使用もできるが、海外旅行にでも行かない限り32GBのメモリは必要ない。
 まあ、いずれどこかで (^^;;;)。
Google 日本語入力アップデート
 Android 版Google 日本語入力がバージョン2にメジャーアップデートされたとのことで、早速 Colorfly E708 3G を更新した。
 フリック入力は使わないので省略。

 「QWERTY 配列では最上段の上フリックで数字が、アルファベット入力時には下フリックで大文字が入力」できるというは、便利になった。
googlejapaninput201411071.jpg

 気に入っているGODAN入力だが、若干表示が変わったようだ。
 今まで Colorfly E708 3G で使うと、タッチパネル精度が低くて、0 キー、W キーの誤入力が多かったり、フリックがずれて入力されていたのが、かなり改善していて実用になりそうな程度になっていた。
googlejapaninput201411072.jpg

 下の以前のGODANパネルに比べて上下方向に大きくなったことが、影響したようだ。
GODANinputBefore.jpg